鎌倉学び舎(かまくらまなびや)は、 小学生が放課後に、
「伝統文化」「さまざまな職業の方の知恵」「問題解決能力」の学びを通して
礼儀作法、けじめ、集中力、物事に取り組む姿勢、情熱
といった、勉強に取り組む上で基礎となる能力を育む学びの場です。

学童保育の5つの特徴

1

家庭的な雰囲気

鎌倉学び舎は、「となりのトトロ」に出てくるサツキとメイの家のようなどこか懐かしく温かい雰囲気のある、丘の上の古民家です。鎌倉山の緑あふれる落ち着いた環境の中で、放課後の時間にリラックスしてゆったりと過ごすことができます。自宅のように和室でのんびりごろごろ…。「ここにいると何だか落ち着く…」と、この環境が気に入ってご入会される方も多くいらっしゃいます。子どもたちもこのお家が大好き。敷地内にある畑での活動ができるのも魅力の1つです。

2

安心して過ごせる居場所

お子様にとって「放課後を小学校とは別の場所で過ごす」というのはとても大切なことです。従来子どもたちは小学校から自宅という物理的に離れた場所に帰ることでONとOFFとを切り替えることができていました。そうすることで子どもたちなりにバランスをとってきたのです。
鎌倉学び舎は一般的な学童保育と異なり小学校から離れていることに加え、さまざまな学校から生徒が集まります。自分の小学校では出会えない友だちと出会えることはお子様の世界や視野を広げることにつながります。また、保護者とはまた別の大人たちに愛されて育つことで、自分の居場所は小学校だけではないのだということを知り、たとえ小学校で辛いことや嫌なことがあったとしても、気持ちを切り替えて安心して過ごせる居場所となっています。

3

少人数制で、ひとりひとりの興味と可能性を伸ばす教育

鎌倉学び舎の1日の定員は20名という少人数です。この人数に対し、毎日3名から4名のスタッフが対応しています。国の基準では最低「職員:生徒=1:20」となっているのに対し、鎌倉学び舎は「職員:生徒=1:5」程度と大変手厚くなっています。こうした配置により「目の届く保育」を実現し、ひとりひとりの興味をさらに伸ばせる環境をご提供しています。
また、鎌倉学び舎はしっかりとした教育方針のもとで運営しています。たとえば、「子どもを1人の人間として尊重し、子ども扱いしない」「ひとりひとりの感じ方、とがった部分を大切にし、人と違った観点を持つことは良いことであると捉える」「どの子にとっても自分の心を解き放ち、興味を持ったことにとことん熱中でき、のびのびと過ごすことができる居場所をつくる」などです。これらは、少人数だからこそできること。学校とは違う、それぞれの子どもに合ったいろいろなものさしが鎌倉学び舎にはあります。

4

安全・安心な送迎サービス

鎌倉学び舎は、鎌倉山の小高い丘の上にあります。そのためどの小学校からも少し遠いですが、逆に山の上だからこそどの方向にも下りて行くことができ、車さえあれば鎌倉市内のさまざまな小学校からのピックアップが可能です。弊社では、鎌倉・逗子・葉山地区という広範囲で長年営業している老舗タクシー会社であるKGグループ様との提携を中心とした車でのピックアップを行っております。お子様の引き渡しの際は、校門の守衛さんのいるところや公立学童施設の受付など、小学校の先生と事前に引き渡し場所を相談し、お子様が大人の目が届かない時間や場所が極力ないような方法により確実にお迎えいたします。また鎌倉学び舎に到着した際に保護者の方にお子様の顔写真入りのメールが配信されるシステム(KAZASUシステム)も導入し、安心してご利用いただいております。

※送迎対象としている学区は以下の通りです。(2017年4月現在)
 深沢小学校、西鎌倉小学校、山崎小学校、大船小学校、御成小学校、第一小学校、腰越小学校、富士塚小学校
この他、私立小学校(横浜国大教育学部附属鎌倉小学校、清泉小学校、鎌倉女子大学初等部など)のお子様を対象とし、大船駅東口バスターミナル、鎌倉駅西口でのピックアップを行っております。
※送迎価格は小学校学区ごとに定めております。詳細についてはお問い合わせください。
※上記以外の小学校学区にお住まいの場合は市内・市外問わず一度ご相談ください。こちらから最適な送迎方法をご提案させていただきます。

5

ご家庭の事情に合わせた最適なコース選択

「仕事のある曜日だけ預けたい」「仕事のシフトが不規則なので必要な時だけ預けたい」「お稽古だけ通わせたい」このような声を良く聞きます。 鎌倉学び舎は、週1回から、スポット利用、学童保育のみ、お稽古のみと、それぞれのご家庭やお子様の事情に合わせた最適な回数やコースを組み合わせる ことができます。また、ごきょうだいがいらっしゃる場合は、二人目以降は優先的にご入会いただけ、さらに入会金が不要になります。

鎌倉に縁のある、一流の伝統文化の担い手、職業人などを招聘し、様々なことを学びます。

  • 三味線 (第2・4 金曜日)

  • 三味線は、日本の伝統的な弦楽器です。
    芸術音楽、民族音楽を問わず、江戸時代以降の日本音楽の楽器として代表的な地位を確立しています。
    また、日本独特の音感やリズム感を身につけられるほか、正しい姿勢に慣れることもできます。

  • 日本舞踊 (第1・3 木曜日)

  • 日本舞踊は、日本の伝統的な踊りです。
    歌舞伎の題材から取ったものも多く、江戸文化とともに発達してきました。
    着物を着る機会となるだけではなく、美しい所作が身に付くということで注目を集めています。

  • 書道 (第1・3 金曜日)

  • 書道は6~7世紀以降に中国から伝わり、その後、貴族や武士にとって不可欠の教養とされてきました。
    精神を集中させて、心の内面を表現することができ、将来にわたり重視される美しい文字が身につきます。

  • 茶道 (第2・4 木曜日)

  • 茶道は、伝統的な作法でお客様のために茶を点て、ふるまう芸道です。
    茶室や庭などの空間、茶道具、和菓子など、広い分野にまたがるため、総合芸術とも言われます。
    茶道を通して、人を心からもてなすこと、人との出会いの大切さを学ぶことができます。

  • 華道 (第2・4 月曜日)

  • 華道は、四季折々の草花を組み合わせて花器に挿し、鑑賞する伝統芸術です。
    感性を高め、美しい造形を構築する力を身につけるだけでなく、自然の素晴らしさやいのちの大切さを再認識するきっかけになります。

  • 英語 (毎週水曜日)

  • 世界で活躍するためには、自国の文化を体得し、外国人に対して詳しく説明できることが大切です。「“英語を使える”のその先へ」が重要になっています。英語を通じて、人に自分の考えていることを正しく説明できることを学びます。

  • 問題解決 (不定期)

  • プロジェクト形式で、何らかの困難に直面したときに、何が問題かもわからないところから、自分の力で現状を捉え、分析し、解決策を考え、それを実行することで乗り越えていく力を養います。

  • 特別講座 (不定期)

  • ロールモデルとなる大人が少ないため、親と同じ職業に就こうとする子どもも多くなっています。また、将来の夢を聞くと誰もが知っている職業しか出てこないケースがほとんどです。しかし、社会にはさまざまな職業の方がいます。こうした方々と接し学ぶことは子どもの将来の選択肢を広げるために非常に重要かつ有効です。

  • >>職業人講義の講師一覧

  • 絵画・造形 (第2・4火曜日)

  • 当プログラムでは日本で最先端の水彩画法や様々な造形の手法について学びます。これらの学びを通じて、自分の考えていることを表現する方法を習得します。

時間割は毎月変更します。
詳しくは、左のカレンダーでご確認ください。

三味線 日本舞踊 書道
茶道 華道
英語 問題解決 特別講座
絵画・造形

お迎え。各小学校までスタッフ、または提携会社が迎えに行きます。

各自の宿題。わからないところは専任スタッフに。

おやつ 宿題が終了した生徒から自由行動。畑もあります。

習い事。1時間集中して楽しく受講します。

習い事の振り返りと自由行動。

補食。18時以降も残る生徒は軽食を取ります。 順次帰宅。
保護者が迎えに来るか、自宅・最寄りバス停まで送ります。

閉校。(延長預かりは行いません)

  • 鎌倉山の閑静な住宅地に建つ古民家です。
    (耐震補強、最新の水回り工事済み)
    約55平米と広く、和室のため、直に座ったり寝転んだりできます。
    建具は建築時(昭和初期)の貴重な物が保たれています。
    敷地内に畑があり、農作物を育てることができます。

  • 華道:松坂 千遊氏

  • 日本舞踊 : 吾妻 聖香氏

  • 茶道:冨井 宗美氏

  • 茶道:百足 宗容氏

  • 三味線 : 荻江 寿愼氏

  • 書道家・絵描き : はなてる氏

  • 英語:長南 友子氏

  • 絵画・造形:矢野 元晴氏

料金

【預かり料金(月額)】(8月以外)

週1回週2回週3回週4回週5回
1〜3年生 8,800円20,300円28,800円37,300円44,800円
4〜6年生 8,000円18,300円26,000円33,600円40,300円

※夏休み、冬休み、春休みといった長期休暇や運動会翌日の振替休日などは、朝8時より、1日2,500円の追加料金で預かります。

【預かり料金(月額)】(8月)

1日利用
(8-19時)
5,000円
半日利用
(8-14時、13-19時)
各3,000円

※半日利用は上記時間のご利用に対する料金です。
2つの時間帯をまたがってのご利用(例:11-15時)の場合、1日分の料金5,000円となります。

【スポット会員料金】

入会金20,000円
維持費月1,000円
1日利用
(8-19時)
5,000円
半日利用
(8-14時、13-19時)
各3,000円

・スポット会員は月10日までご利用可能です。
・夏休み、冬休み、春休み期間中は無制限に利用可能です。
・定員オーバーの際は、通常会員を優先させていただきます旨ご了承ください。また、スポット会員内では先着順となります。
・ご利用になる日の1週間前までに利用日と利用時間をお知らせください。以降のキャンセルについてはキャンセル料として全額いただきます。

※半日利用とは上記時間のご利用に対する料金です。2つの時間帯をまたがってのご利用(例:11-15時)の場合、1日分の料金5,000円となります。

【学びプログラム料金(月額)】

1科目当たり6,000円

※学びプログラムのみ受講することができます。
※学びプログラム受講に当たっては、別途道具類を購入いただく場合があります。
※週2回以上預かりをご利用いただく場合は1科目以上の習い事をセットで受講いただきます。
※価格は全て税抜き価格です。
※定員20名です。
※英語は1科目8000円(月4回)

【送迎料金】

小学校から鎌倉学び舎、鎌倉学び舎からご自宅まで責任を持って送迎します。
料金は学区ごとに定めております。
小学校から鎌倉学び舎は可能な限りお子様の下校時刻に合わせたお迎えを、鎌倉学び舎からご自宅までは2便(17:45、18:45当校発)での送りを行います。
詳細はお問い合わせください。

ご利用例

  • 月額料金
    預かり: 週3回 28,800円
    学び : 1科目 6,000円
    合計 : 34,800円

  • 月額料金
    預かり: 週1回 8,800円
    合計 : 8,800円

  • 月額料金
    預かり: 週5回 44,800円
    学び : 2科目 12,000円
    合計 : 56,800円

  • 住所:
    鎌倉市鎌倉山1-17-3-A
    (鎌倉駅東口から京急バス 「鎌倉山(鎌4)」または「江ノ島(鎌6)」行きバス15分
    バス停「若松」から徒歩2分)
    送迎の際は、近隣の提携駐車場をご利用になれます(事前予約制)

  • GOOGLE MAP

社 名鎌倉学び舎
設 立平成28年6月1日
代表者潮見 雅利(しおみ まさとし)
所在地〒248-0031 神奈川県鎌倉市鎌倉山1-17-3―A
電話番号TEL:0467-40-5833 FAX:0467-40-5834
事業内容学童保育施設・学習塾

■ 代表者挨拶

 鎌倉学び舎は、長年児童教育に携わっている大学講師である妻と私が5年前からずっとあたためてきた構想がベースにあります。

 鎌倉生まれ、鎌倉育ちの妻は、鎌倉にはたくさんの文化人が住んでいることを感じており、もし深く関わることができたらより人生が豊かになるだろうと考えていました。そして、私たちの子どもにどのような教育を受けさせたいかを考えた時、せっかく豊かな文化人が集まる鎌倉で育つのだから、文化人の方々と深く関わり、多くのことを知り、感じ、学びながら育って欲しいと夫婦で話すようになりました。そこで、少人数で文化人の方との濃密で継続的な関係をつくれる場をつくりたいと思うに至りました。

 そんな妻が小中学生時代の友人である三味線奏者の荻江寿愼さんと2015年に再会し、この構想を伝えたところ、彼も同じ想いを持っていることがわかり、一気に構想が実現に向けて加速していきました。鎌倉学び舎はこうした3者の協力の中から生まれた「新しい教育の場」なのです。

 その後、鎌倉にお住まいの多くの伝統文化の担い手や職業人の方々が当社の理念に共感してご協力くださり、今実現を迎えようとしています。また、当社に勤務するスタッフは全員が理念に共感しているメンバーで、教員免許を持つスタッフもおり、実務経験も豊富なスペシャリストです。

 このように、鎌倉学び舎は鎌倉の人たちの想いに支えられながら自然な流れの中で、導かれるように一歩一歩進んで参りました。

 まだ成長途中ですが、これから鎌倉学び舎がどのように育っていくか私自身もとても楽しみにしています。受講されるお子様たちや保護者の皆様、そして伝統文化の担い手や職業人の方々、スタッフの力をお借りしながら当校をより良い場所へと成長させていきたいと思っています。鎌倉学び舎と、そこで育った子どもたちの可能性は無限大です。

鎌倉学び舎 代表
潮見 雅利

1980年生まれ。鎌倉市在住。
6歳、3歳の2人の子育て中。
東京大学文学部歴史文化学科(日本史学専攻)卒業。

卒業論文のテーマは
「明治時代の東京山手線の発達と沿線の都市化について」。
趣味は2人の子どもと買い物に行くこと、将棋(アマ二段)。

■ 副代表挨拶

教育の専門家として、働く母として

 鎌倉学び舎は鎌倉で生まれ育った教育の専門家であり働く母である私が鎌倉の子どもたちのために「こんな学童保育があったらいいな」を形にした教育の場です。

 私は鎌倉で生まれ育ち、鎌倉で働いてきた根っからの鎌倉大好き人間です。大学院で教育を学んだ後、前職の鎌倉女子大学で研究員を経て専任講師となり約10年間お世話になりました。そこで、小学校教諭、特別支援学校教諭、幼稚園教諭、保育士、児童厚生員などを養成する中で、さまざまな学校、幼稚園、保育園、施設、児童館、学童保育施設などに訪問し、実態を知り、研究を重ねてきました。

鎌倉の文化人や職業人と子どもたちが関われる場を

 そんな私が鎌倉の子どもたちがより良く育つことができる場をつくりたいと思い、構想したのが鎌倉学び舎です。この構想は2つの想いがベースになっています。1つ目は、「鎌倉の文化人や職業人と子どもたちが濃密に関われる場をつくりたい」という想いです。私は鎌倉で育つ中で、鎌倉には一流の文化人や職業人がたくさんいることを肌で感じてきました。にもかかわらず、誰とも知り合うことがないまま大人になり、そこはかとない寂しさを感じていました。しかし、大人になって鎌倉の文化人から短歌と墨彩画を習い始めたのをきっかけに、文化人や職業人との繋がりができました。こうした方々と接する中で、自分の視野が広がり深まっていくように感じ、同じ鎌倉がより輝きをもった親しみ深い場となると同時に人生がより豊かに感じられるようになりました。こうした経験から、幼い頃からこうした文化人・職業人と出会えていたらさらに人生が豊かに広がっていくのではないか、将来の選択肢も増えていくのではないかと考えるようになりました。鎌倉には魅力的な文化人・職業人がたくさんいます。「隣にいるのに出会えない」という状況を「鎌倉学び舎に行けば出会える」という状況にしたいと思いました。文化人・職業人と子どもたちが濃密に関わることで、互いに印象深く実りある場としていきたいと思っています。

働く母が安心して積極的に預けられる学童保育を

 2つ目は、「働く母が安心して積極的に預けたいと思える学童をつくりたい」という想いです。私はこれまで働く母として子育てと仕事の両立をしてきました。その中で、親が安心して子どもを預け、仕事に打ち込むことを可能にする場の大切さと難しさを身にしみて感じてきました。ただ単に預かってくれるだけでは安心して働くことはできませんし、母の側に罪悪感があっては仕事に打ち込めないのです。そこで真の意味で「働く母が安心して預けられる学童保育」をつくろう、それだけではなく、むしろ「積極的に預けたいと思う学童保育」「子どもも積極的に通いたいと思う魅力ある学童保育」をつくろうと思いました。保護者の方に「鎌倉学び舎に行けば自分ではさせてあげられないような貴重な魅力ある経験をさせてあげることができる」「子どものためになる時間を過ごさせてあげることができる」「だから積極的に鎌倉学び舎に通わせたい」と思っていただける学童保育をつくっていきたいと思っています。

鎌倉で育った私が、鎌倉の子どものために

 このような想いでつくった鎌倉学び舎です。鎌倉出身者が鎌倉の子どもたちのためにつくった学童保育。鎌倉で育った教育の専門家から見て「こうしたらもっと良い人生になるだろうな」と思うことを提供し、鎌倉で育つ後輩たちにより良い人生を贈りたいと思っています。

 「鎌倉には鎌倉学び舎がある。だから鎌倉で子育てしたい」と思っていただけるような場になるよう、スタッフ一同、愛情を持って全力で取り組んで参ります。ぜひ、お気軽に遊びにいらして下さい。

鎌倉学び舎 副代表
大滝 世津子

1980年鎌倉市手広生まれ、梶原育ち。
西鎌倉幼稚園、横浜国立大学教育学部附属鎌倉小学校・中学校、神奈川県立湘南高等学校、東京女子大学卒。
お茶の水女子大学研究生、東京大学大学院教育学研究科修士課程・博士課程修了(総代)。
博士(教育学)。日本学術振興会特別研究員DC2。
2007年からの2年間、大学院生をする傍ら鎌倉女子大学学術研究所非専任研究員として勤務。2017年3月31日までの約8年間、鎌倉女子大学児童学部児童学科にて専任講師として教育系、保育系、社会学系等の科目で教鞭をとる。趣味は短歌、墨彩画、ものづくり(手芸、工作など)、古民家・カフェ・寺院めぐり、アンティーク・仏像鑑賞など。一男(小1)・一女(年中)の子育て中。代表潮見の妻。

ご入力されたメールアドレスまたは電話番号に折り返しご連絡致します。
メールでのご返信を希望される方は、当社からのメール(gメール)を受信できるよう、
お持ちの端末の設定をお願い致します。
(携帯電話キャリアのメールアドレスへの返信が出来ないケースがあります)

  • お名前 *

  • フリガナ *

  • メールアドレス *

  • 電話番号

  • お問い合わせ内容 *

  •