• 「鎌倉学び舎」ができるまで⑧〜ロゴ〜

  • 2018 / 02 / 18

  • 今回は
    「鎌倉学び舎」のロゴ
    について綴りたいと思います。

    これまでロゴについては
    どこでも語ってきませんでしたが
    実は意味が込められています。

    このロゴは
    クリエイターの方々に
    ご提案いただいた中から
    選んだものです。

    いろいろなご提案がありましたが
    その中で一番気に入ったのが
    このロゴでした。

    真ん中には
    ササリンドウ。
    源頼朝の家紋であると言われ、
    鎌倉市の市章にもなっている花です。

    鎌倉の学び舎ということで
    ササリンドウを
    入れて下さいました。

    そして、
    その上にかかっているのは
    大人(先生)
    を意味しています。

    さらに、
    ササリンドウの下にある
    4つのものは
    子どもたち
    を意味しています。

    そして、
    それぞれが
    茶道、華道、書道、三味線、日本舞踊などの
    伝統文化のお稽古をも
    意味しています。

    ササリンドウを
    取り囲んでいるのは
    全て
    「人」
    なのです。

    そのように捉えると
    丸い部分は
    人の頭、
    その下の部分は
    人の肩から手にかけて
    に見えてきます。

    そして、
    みんなが
    手を繋いでいる
    のです。

    先生も
    子どもたちも
    家族のように
    みんなで仲良く
    あたたかい。

    今の鎌倉学び舎の姿に
    ぴったりのロゴだなぁと
    しみじみ思っています。

    (つづく)

  • ARCHIVES

    • 2018 (10)
    • 2017 (1)
    • 2016 (22)